本文へスキップ

市民第一の視点で市政に取り組みます 

議会リポートREPORT


適当に答えて逃げ回る市の姿勢・・・議会軽視も甚だしい



1.運用ルール要求の経過

昨年末に発覚した中央図書館のホームページの盗作問題について、市の教育部長名で発行された正式文書は、「原因は、HPで使用する画像等は、権利購入したもの、またはオリジナルを使用することをルールとしているにもかかわらず、ルールが徹底していなかった。」とある。
そこで、山口良樹は、正式手続きで、「運用ルール」が記載された資料を要求した。



2.運用ルール要求に対し、全く関係のない資料で誤魔化す市を糾弾する!!


議長を通じ市長に対し正式手続きをもって、「著作物使用に係る運用ルールが記載された資料」を請求したにも関わらず、回答文書に唖然とした。これは事件直後の昨年12月28日に図書館長から教育委員会宛てに提出した再発防止策であり、こんな周知のことを問い合わせたのではないし、また図書館長の回答を要求したのではなく、教育委員会からの回答を要求したのである。
ところが、請求内容と全く異なる資料をあたかも当該資料であるかの如く公然と回答してきた行為は議会の資料請求に対する冒とくであり、教育行政の最高機関たる教育委員会が議会に示した対応は反社会的、反道徳的行為であると断ぜざるを得ない。



【関連サイト】
・平成28年3月20日
先だって「情報公開」を要求したChujiroさんのブログ
・平成27年12月28日
海老名市立図書館の著作権侵害事件に対して驚きの市の対応


山口良樹事務所

〒243-0433
神奈川県海老名市河原口2-29-18
 セザール厚木703号

TEL 046-292-7333
FAX 046-292-7332
Eメール
yamaguchi@yoshiki-yamaguchi.com